トップ > プロテインとアミノ酸 > BCAAの効果

BCAAの効果

 BCAAとは何でしょうか?BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンという3種類の必須アミノ酸のことです。BCAAは特にスポーツに対する効果の高いアミノ酸として知られています。ここではBCAAの効果と特徴について説明します。

BCAAは筋肉たんぱく質の主成分である

 BCAAの効果としてまず大切なのは、BCAAは筋肉の材料となるたんぱく質の主成分であるということです。BCAAは筋肉たんぱく質の約35%を占めるといわれ、筋トレやスポーツによる筋肉作り、疲労回復に欠かせないアミノ酸です。

逆に言うと、BCAAの摂取量が不足していると筋肉の修復が遅れることになります。なお、肉や魚類を食べることは、動物や魚の筋肉を食べることですから、これらの中にもBCAAは豊富に含まれています。

BCAAは運動中のエネルギー源としての効果が

 運動中のエネルギー源は主に糖質と脂質ですが、必要に応じてたんぱく質がアミノ酸に分解され、運動中のエネルギー源として利用されます。

 なかでも、BCAAはアミノ酸の中でもエネルギー源としての利用効率が高いという特徴があります。

 したがって、BCAAを摂取しておくことは、利用可能なエネルギー源の余剰を増やすことになり、持久力アップに効果があるとされています。

BCAAは集中力アップの効果も

 BCAAは脳の疲労、集中力ダウンを抑える効果もあると考えられています。

 脳の疲労は、アミノ酸の一種であるトリプトファンが脳に取り込まれ、セロトニンという物質に化学変化することで起こります。

 脳の疲労を抑える方法としては、トリプトファンが脳に取り込まれないようにする、ということがあります。血液中のBCAAの濃度が高くなると、脳にトリプトファンが取り込まれにくくなる、という現象があり、つまり、BCAAを摂取することで脳の疲労を抑え、集中力アップが期待できる、ということになります。

前のページ  

このページのカテゴリーは「プロテインとアミノ酸」です。
筋トレといえばプロテイン。そしてアミノ酸。 筋トレなどのトレーニングを効果的にするためには今や必須のプロテイン・アミノ酸などのサプリメント。 でもみなさん!筋肉をつけるためのプロテインやアミノ酸の効果的な飲み方って知っていますか? 筋トレとプロテインの摂取量、睡眠との関係、アミノ酸との違いについて迫ります。
関連ページ

BCAAの効果

 BCAAとは何でしょうか?BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンという3種類の必須アミノ酸のことです。BCAAは特にスポーツに対する効果の高いアミノ酸として知られています。ここではBCAAの効果と特徴について説明します。 BCAAは筋...

筋トレのためのプロテイン摂取量

 トレーニング、とくに筋トレとは、筋肉を破壊(分解)し、その破壊した部分に修復することで筋肉を徐々に大きくしていく作業です。そして筋肉を修復する際に重要なのが、修復の材料、つまりタンパク質を十分に補給しておくことです。筋トレなどのトレーニン...

アミノ酸スコアとは?

 プロテインに表示されている「アミノ酸スコア」。これはどのような意味でしょうか?一言でいうと、アミノ酸スコアとは、「プロテイン(タンパク質)の質を100点満点で表した点数」のことです。  では、「タンパク質の質」とはどういうことでしょうか?...

プロテインのタンパク質

 普段私たちが口にしている食べ物で、タンパク質を多く含むものと言えば肉類や卵、牛乳など。これらの食品に含まれているタンパク質とプロテインのタンパク質はどう違うのでしょうか?  結論からいうと、どちらも同じタンパク質で、栄養学的には全く一緒で...